アリとキリギリス (動く絵本/世界の童話)

保護者の方へ

夏の間もまじめに働いたアリさん。夏の間、遊んでしまったキリギリスさん。
そして、とても寒い冬がきました。さてさてどうなったでしょうか?
親子で一緒に楽しみましょう!

本文

むかしむかしの おはなしです。
たいようが きらきらと かがやく なつの ひ。
ちいさな アリが おおきな たべものを せおって いました。
ひとつ はこんでは、また さがしに でかけます。

「アリさん、なにを せかせか しているの?」
キリギリスが たずねました。
「たべものを あつめて いるんだ」

アリは おもい にもつを おろして こたえました。
「どうして そんなに たくさん?」
「だって、ふゆが きたら こまるもの。いまの うちに あつめなきゃ」

キリギリスは わらいました。
「まじめだなあ。そんなの やめて いっしょに あそぼうよ」
キリギリスは バイオリンを ひきました。
それは たのしい きょくでした。

でも、アリは ざんねんそうに にもつを もちあげました。
「もっと ききたい けれど、はたらかなきゃ」
また いえへ むかって あるき はじめました。

「こんな たのしい なつに、はたらいて ばかりじゃ もったいないよ」
キリギリスは まいにち あそんで くらしました。

やがて あきかぜが とおりぬけ、さむい ふゆが きました。
アリは あたたかい いえの なかで のんびり すごしています。
もう はたらく ひつようは ありません。

トントン。
だれかが たずねて きました。
ドアを あけると キリギリス でした。
すっかり やせて げんきが ありません。
「どうしたの?」
「たべものが みつからないんだ」
だから アリは なつの あいだに せっせと はたらいて いたのです。

キリギリスは あのとき わらった ことを あやまりました。
「つぎの なつは ぼくも まじめに はたらく」
「わかったよ。ふゆの あいだは いっしょに くらそう」
アリは キリギリスを いえの なかへ まねきました。

キリギリスは おれいに バイオリンを ひきました。
こうして アリと キリギリスは たのしい ふゆを すごしたのでした。

YouTubeで見る

作った人

イラスト/アニメ:夢山イラスト
文章:東方明珠
朗読:結城ハイネ
原作:イソップ物語

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ