三匹のこぶた (さんびきのこぶた)-世界の童話昔話

保護者の方へ

童話「三匹のこぶた」の動く絵本(朗読)です。
子ブタたちは自分の家を作ります。
最後までオオカミに家を壊されなかったのは誰が作った家でしょうか?

時間はかかっても、立派で丈夫なおうちを作った子ブタのおかげで助かりました。
何事も、コツコツやることが大事ですね。
親子で一緒に楽しく読んでください。

本文

むかしむかしの おはなしです。
さんびきの こぶたが、じぶんの いえを つくりました。

いちばん うえの こぶたは、わらの いえ。
「すぐに できたよ」
にばんめの こぶたは、きの いえ。
「かんたん だったよ」

そこへ、わるい おおかみが やってきました。
「こんな いえ ひとふきだ」
はないきを ぷーっ!
わらの いえも きの いえも、ばらばらになって しまいました。
「たすけてー」
にひきの こぶたは、おとうとの いえまで にげました。

いちばん したの こぶたは、
かたい れんがの いえを つくって いました。
「がんばったから、じょうぶに できたよ」

「さんびき まとめて たべてやる」
おおかみは おおきな はないきを ぷぷーっ!
けれども、れんがの いえは びくとも しません。
「ようし。それなら えんとつから はいってやる」

「どうしよう、おおかみが やってくる」
にいさんたちは、おろおろ しています。
「だいじょうぶ。ぼくに まかせて」
おとうとは、かまどに おおきな なべを おき、
おゆを ぐらぐら わかしました。

えんとつから おちてきた おおかみは、
あつい おゆの なかへ どぼん!
「あっちちち!」
おしりは まっかっかの おおやけどです。
「こぶた なんて、もう こりごりだー」
おおかみは にげて いきました。

さんびきは れんがの いえで、
いつまでも なかよく くらしましたとさ。

YouTubeで見る

作った人

イラスト・アニメ:夢山イラスト
文章:東方明珠
朗読:川本知枝

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ