浦島太郎(うらしまたろう)-日本の昔話

本文を表示する

むかし むかーし。
うらしまたろうは はまべで かめを みつけました。
こどもたちが つんつん つついています。
「いじめたら いけないよ」
かめを たすけて あげました。

かめは いいました。
「おれいに りゅうぐうじょうへ きてください」
うらしまたろうは かめの せなかに のりました。

りゅうぐうじょうに つきました。
そこでは おとひめさまが まっていました。
「ゆっくり していって くださいね」

たいや ひらめが たのしそうに おどっています。
ごちそうも たっぷり あります。
りゅうぐうじょうは とても たのしい ばしょ でした。

あっというまに みっかが すぎました。
「そろそろ かえります」
おとひめさまは おみやげに たまてばこを くれました。

うらしまたろうは はまべに つきました。
でも、なんだか ようすが へんです。
そこは 300ねんごの せかいでした。

うらしまたろうは こまりました。
「そうだ。たまてばこを あけてみよう」
ふたを あけると、しろい けむりが もくもくもく。

ひげが はえて はねが はえて、うらしまたろうは おじいさんの つるに なりました。
つるは そら たかく とんで いきました。
めでたし めでたし。

  • イラスト:みのもまりか
  • 文章:東方明珠
  • 朗読:a-o-r music

YouTubeで見る

本文を表示する

むかしむかしの おはなしです。
うらしまたろうと いう やさしい
りょうしが いました。
「おっかさん、うみで さかなを とってくるね!」

はまべでは こどもたちが あそんでいました。
ちいさな かめを ぼうで つついています。
たろうは いいました。
「ちいさいものを いじめたら いけないよ」
かめを たすけると、うみへ かえして あげました。

つぎのひ、おおきな かめが やってきました。
「たろうさん、きのうは 
ぼうやを たすけてくれて ありがとう」
こがめの おかあさんでした。
「おれいに りゅうぐうじょうへ ごあんないします」

たろうは かめの せなかに のって、
うみのなかを およぎました。
うえを みれば きらきら かがやく すいめん、
したには ゆらゆら ゆれる さんごのもり、
うみのせかいは とっても きれいでした。

「たろうさん、いらっしゃい。
ゆっくりしていって くださいね」
りゅうぐうじょうには、おとひめさま という
かわいい おひめさまが いました。
「さあさあ、おいしい ごちそうが ありますよ」

「わたしたちの おどりを みて」
たいや ひらめが たのしそうに おどりだしました。
「いっしょに うたいましょう」
しんじゅがいが すばらしい こえで うたいました。
りゅうぐうじょうは ゆめのような ばしょでした。

たのしい まいにちは あっというまに すぎていきます。
「おっかさんが しんぱいするから そろそろ かえらないと」
「まあ、ざんねん ですわ」
おとひめさまは、おみやげに たまてばこを くれました。

はまべに つくと なんだか ようすが ちがいます。
「おっかさん、どこにいるんだい?」
おっかさんも、たろうのいえも みつかりません。
だれも しっているひとが いないのです。
あれから 300ねんも すぎていました。

「うわーん、どうしたら いいんだ」
たろうは たまてばこを あけてみました。
なかから けむりが もくもくもく……
あっというまに たろうは、
しろい ひげの おじいさんに なりました。

「たろうや、おかえり」
そらから、おっかさんの こえが しました。
「たろうさん、おどりましょう」
おとひめさまの こえも きこえました。
「うん、ただいま」
たろうは りょうてを あげると
そらに ふわりと とびたちました。

  • イラスト:ニシハマカオリ
  • 文章:東方明珠
  • 朗読:koebu 黄紅

YouTubeで見る

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、浦島太郎の動く絵本です。
たのしい時間はあっとゆうま。なんとも不思議なお話です。
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ