へっこきよめさん(昔話、動く絵本)

保護者の方へ

クスッと笑える昔話「へっこきよめさん」の動く絵本です。
どうしても大きいオナラをしてしまう嫁さん。
さいごはハッピーに終わります。
親子で一緒に楽しく読んでくださいね。

本文

むかしむかし ある むらに
とおくの むらから よめが きた。

よめさん げんきで やさしくて おまけに とても はたらいた。
「にっぽん いちの よめさんじゃ」
おっかさんも むすこも よろこんだ。

ところが、あるひ よめさんが うんうん うなって くるしそう。
「おら 『へ』がしたくて たまんねえ」

おっかさんは おおわらい。
「なあんだ そんなの きに すんな。『へ』ぐらい がまん しないで せえ」
「うれしい。そんじゃ、えんりょなく」
よめさん とっても よろこんで、ぷりっと おしりを つきだした。

『ぼっかーん!』

あんまり おならが おおきくて てんじょう ぜんぶ ふっとんだ。
つづいて にはつめの おなら。
『ぶぶぶ ぼっかーん!』
おっかさん まで とんでった。

「なんて あぶねえ よめさんじゃ」
むすこは おこって いったとさ。
「じぶんの むらに かえるんじゃ。おくって いくから ついてこい」
よめさん いえを おいだされ、とぼとぼ あとを ついてった。

とうげを みっつ こえた さき、おおきな なしの きが あった。
おなかを すかせた とのさまが とおりすがって いったとさ。
「なんて うまそうな なしの みじゃ。だれでも いいから とってこい」
なしの き たかくて とどかない。

けらいは みんな こまったと。
そこへ よめさん もうしでた。
「おらが おやくに たちましょう」
ぷりっと おしりを つきだして おおきな おおきな へを こいた。

『ぼっかーん!』

なしの み ぜーんぶ おっこちて あたりは あまい いい かおり。
「へで おとすとは あっぱれじゃ」
とのさま たっぷり ほうびを くれた。

むすこは よめに あやまった。
「すまねえ。おまえを みなおした。いっしょに もどって くれるかい?」

いえに かえった よめさんは こやを たてて もらったよ。
かたくて ちいさな へこき ごや。
いつしか 『へや』と よばれたと。

YouTubeで見る

作った人

イラスト:みのもまりか
文章:東方明珠
朗読:川本知枝

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ