みにくいアヒルの子 世界の童話/昔話

保護者の方へ

一匹だけ見た目が違うアヒルの子…。 悲しい事もいっぱいあるけど、最後には幸せな気持ちになります。
みんなは外見(見た目)で、人を判断したらだめだからね! そして、ありのままの自分を受け入れてくれる場所は必ずある!

本文

むかしむかしの おはなしです。
あひるの おかあさんが たまごを あたためて いました。
かわいい きいろの ひなが つぎつぎに うまれます。
ところが いっぴきだけ でぶっちょで はいいろ でした。

「まあ みにくい。きっと しちめんちょうのこ ですよ」
おばさん あひるが おしりを つつきました。
「まさか。このこは およぎが じょうずだもの」
おかあさん あひるは ひなを かばってくれました。

ところが、「あっちへ いけ」
きょうだいたちは いつも いじわるを します。
とうとう おかあさんも ためいきを つきました。
「どこか とおくへ いって くれないかしら」

みにくい あひるのこは かなしくて たまりません。
「そとの せかいへ いこう」
いえを とびだしました。

くたくたに なったころ、にわとりと であいました。
「おまえは たまごを うめるかい?」
「うめないよ」
にわとりは げらげら わらいました。
「やくたたずだね」
みにくい あひるのこは なきながら にげました。

かもには ばかにされ、いぬには ほえられ
どこへ いっても いじめられました。
ふゆに なっても ひとりぼっちでした。
かれた はっぱに くるまって ゆきの よるを すごしました。

はるに なりました。
みずうみに まっしろな とりが おりてきました。
「ぼくと ちがって きれいだな」
みにくい あひるのこは ふらりと ちかづきました。

きらきら かがやく みなもに
まっしろで すらりとした うつくしい とりが うつっています。
「これは ぼく?」
つばさを ひろげてみました。
からだが ふわりと うきあがります。
みにくい あひるのこは はくちょう だったのです。

「あなたが いちばん きれいよ」
なかまが やさしく なでてくれました。
はくちょうのこは とても うれしく おもいました。

YouTubeで見る

作った人

原作:アンデルセン
文章:東方明珠
イラスト:森のくじら
朗読:川本知枝

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ