ねずみのすもう日本の昔話

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、ねずみのすもうの動く絵本です。
やせたねずみと太ったねずみが相撲をしています。
心優しいおじいさんは、やせたねずみのためにお餅をつきました。
さてさてどうなったでしょうか?つづきは動画を見てのお楽しみ!
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
おじいさんは、すもうを とっている ねずみを みつけました。
「でんかしょ でんかしょ」
ふとった ねずみが やせっぽっちの ねずみを ぽんぽん なげとばして います。
やせたほうは おじいさんちの ねずみ、
ふとったほうは ちょうじゃさんちの ねずみでした。
「うちが びんぼうなせいで、ちっとも かてないんだ」

おじいさんは おばあさんに そうだん しました。
「あのままでは かわいそうだ」
「それなら、たくさん たべさせて やりましょう」
ふたりは たいじな もちごめで おもちを つくってあげました。

つぎのひ。
「でんかしょ でんかしょ」
おじいさんちの ねずみは げんき いっぱい。
ふとった ねずみを かるがる なげとばしました。
「どうして きゅうに つよく なったの?」
「おもちを うんと たべたのさ」
「いいなあ。おいらんちは かねもちだけど けちなんだ。
 おもちなんて たべたことがないよ」
「それなら うちに おいでよ」
それを きいた おじいさんと おばあさんは にっこり。
「こんやも おもちを つきましょう」

おじいさんは ありったけの もちごめで おもちを つきました。
おばあさんは おそろいの あかい まわしを ぬってあげました。
「おいしいね」
「かっこいいね」
ねずみたちは おおよろこび。
「これは おれいだよ」
ふとった ねずみは、こばんを たくさん おいて かえりました。

それから まいにち、
ねずみたちは げんきに すもうを とっています。
おじいさんと おばあさんは、
ねずみが くれた こばんで しあわせに くらしました。


YouTubeで見る

作った人

・文章:東方明珠
・朗読:結城ハイネ

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ