うさぎとかめ(ウサギとカメ)-日本の昔話

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、「ウサギとカメ」 の動く絵本です。
ウサギさんと亀さんが競争することになりました。
ウサギさんは油断してお昼寝をしてしまいました。
さて、どっちが勝ったかな?

親子で一緒にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
あるところに、うさぎと かめが いました。
「おいら、かけっこは だれにも まけないんだ」
うさぎは とくいそうに じまんしました。
「ぼくだって、まけないように がんばるよ」
かめも いいました。

「それなら、あのやまの てっぺんまで、しょうぶしよう」
うさぎが いいました。
ふたりの まえには ぐねぐねの やまみちが ひろがっています。
「うさぎどんと かめさんの かけっこ しょうぶだって?」
くまや きつね、りすに ことり、
もりの なかまたちが おうえんに やってきました。

「いちについて ようい どん!」
うさぎは びゅーんと とびだします。
かめは ゆっくり ゆっくり やまみちを のぼります。
「フレー、フレー、うさぎどん!」
「フレー、フレー、かめさん!」
うさぎは、あっというまに みえなくなりました。

うさぎは やまの まんなかで、うしろを ふりむきます。
「かめさんは ずいぶん ゆっくりだなあ。ちょっと、きゅうけい しようっと」
そして、ふわふわの クローバーの うえで、ぐうぐう ねむってしまいました。

そのころ かめは、ゆっくり はしっていました。
「まだ、てっぺんまで はんぶん いじょう ある」
のどは からからで、いきは ぜいぜい。
あしは つかれて ぼうきれの ようです。
それでも、
「フレー、フレー、かめさん!」
なかまたちの こえを きくと、げんきが でました。
「ぼくは、あきらめないよ!」

ふうふう いいながら、かめは はしりつづけました。
いよいよ、さいごの まがりかどです。
そのとき、
「しまった!ねすごした!」
うさぎが とびおきました。

うさぎは すごい はやさで かめを おいかけます。
「かめさんに、まけてたまるか」
「ぼく、うさぎどんには、まけないよ」
あと、もうすこしで てっぺんです。
「フレー、フレー、かめさん!」

てっぺんに さきに ついたのは、かめでした。
「やったあ、ぼく、がんばったよ」
かめは うれしくて にこにこ。
「がっくり、まけちゃった」
うさぎは、しょんぼり。

「うさぎどん、いっしょに はしってくれて ありがとう」
かめが いうと、うさぎも ようやく かおを あげました。
「うん。また、しょうぶしようね」
ふたりは なかよく あくしゅをして、にっこりと わらいました。

YouTubeで見る

作った人

・イラスト:Erika Matsuyama
・文章:東方明珠
・朗読:川本知枝
・原作:イソップ物語

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ