子供に何でも与えすぎていませんか?

子供に何でも与えすぎていませんか?

“子供を不幸にするいちばん確実な方法は、いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである。”

スイスの哲学者ルソーの格言です。

子供にねだられて、何でも簡単に与えていませんか?
実は僕も、心当たりがあって、「グサッ」ときますね(^_^;)

好奇心からくる願望で、知育・学習につながることなら、与えるべきですが、なんでも欲望のまま、与えていては、やはり子供は不幸になります。

「こういえば、何でも手に入る」と子供が思ってしまうと、

  • 我慢することができない
  • 物を大切に扱わない
  • 感謝することができない

そんな子供に育つでしょう。

そんな子供がそのまま大人になったら、 「本当にやりたいこと、ほしいモノ」は絶対に手に入らないでしょう。

親も子供も一緒に修行するつもりで、 しっかり一緒に成長していきましょう!

著者プロフィール

比留木 武泰(ゆめある管理人)
・5歳の女の子を育児中
ゆっくりはしればはやくなる

みんなの意見・感想を聞かせて!

子育てエッセイのトップへ