「トイレトレーニング」の写真

これだけは知っておきたい「トイレトレーニング」の基礎知識

トイレトレーニングについて

子供が成長してくると必ず通る道の一つに「トイレトレーニング」があります。
おむつをつけたままおしっことうんちをするのが当たり前の子供がトイレできちんとおしっこ・うんちが出来るようになるまではそれなりに時間が必要です。
こればっかりは本当に子供の成長や気持ちが一番大切なので、できちんと出来るようになるまでは個人差がかなりあります。
トイレトレーニングってママにとっても子供にとっても結構大変で、
「いつ始めればいいか分からない?」
「どうやって進めればいいの?」
など疑問に思っているママもいると思います。

今回はそんなトイレトレーニングについてお話ししていきたいと思います。

始める時期はいつがいい?

トイレトレーニングを始めるのは大体「1歳過ぎてから」とよく聞きませんか?
そしてそれを聞いて、「えっ?1歳からトイレできるの?」とビックリしたり変に焦ったりするママも居るかもしれません。しかしこの1歳から始めるというのはあくまでもプレおむつはずれで、
「おしっこ・うんちはトイレでするもの。したくなったらトイレにいくんだよ。」
というイメージを作ってあげるものです。どのようにするか紹介していきましょう。

プレおむつはずれのやり方

【トイレがどういう所なのか教えてあげる。】

ママがトイレに行く時に「一緒においで~」と声をかけたり、「ここはおしっこする所だよ」とお手本を見せてあげたり・やり方を教えてあげたりしましょう。

【おまる・便座に座らせてトイレグッズに触れさせる。】

実際出来なくても、おまるに座らせてみたり、トイレットペーパーを触らせる・水を流させてあげたりとトイレを体験させてあげましょう、子供は好奇心が旺盛なのでトイレに興味を示しやすくなります。

【おしっこすることは気持ちいい事というのを教えてあげる。】

子供はおしっこが出ても気持ちいいとは感じていないのでおしっこが出た時の爽快感を意識させてあげましょう、普段から「おしっこでたらスッキリするね、気持ちいいね」などと声をかけるようにするといいですね。

【トイレについての絵本・DVDなどを見せる。】

絵本やDVD好きの子であればこれが一番効果的かもしれません。好きな物を通して「おしっこはトイレで」ということを教えてあげましょう、トイレに興味のない子でも絵や映像で見ると段々トイレに興味が沸いてくるかもしれません。


→amazonで購入する

このように、少しずつ「おしっこ・うんちはトイレで」という階段を登らせてあげるのがプレおむつはずれです。
といってもまだ1歳過ぎです、保育園に行っている子や兄弟のいる子は、まねをしたがってこの時期にトイレでおしっこできるようになる子もいますが、完全におむつはずれている子は少ないので焦る必要は全くありません。子供がトイレを嫌がったり、やる気がなくても決して心配しなくて大丈夫です。

プレおむつはずれは必ずしなくてはいけないものではないので、「まだ早いかな?しなくてもいいかな?」と思うのであれば無理にしなくて大丈夫ですが、のちの本番はずれの時はしていた方がスムーズに進みやすいとは思います。するにしても力は入れ過ぎずユルっとした感じで進めていくのがオススメです。

思い通りに行かなくてストレスを感じるママも中には居ますが、子供はママのストレスは敏感に感じとる力を持っているので「ママが怒っているのは自分のせいだ」と自分を責めてしまうかもしれません。
歳を重ねるにつれ子供は成長していきますので、様子を見ながら少しずつやっていくのがいいでしょう。

本格的に出来るようになるのはいつ?

では、いつ頃、本格的におむつはずれをしていけばいいのでしょうか?
年齢で言えば2歳~3歳ごろ。始める条件としては次の3つです。

1.一人で歩ける

自分でトイレまで歩いていく。尿意を感じる機能も育っています。

2.おしっこの間隔が2時間~3時間あく

ある程度おしっこをためておける事が大事。それが出来ないと頻繁にトイレに行くことでトレーニングが失敗しやすいからです。

3.心の発達

自分でおしっこをする事を言葉で伝えれたり、トイレに行くことに興味を示しているかが大事です。

この3つが出来ていれば本格的におむつを外すことが可能でしょう。
では進める時のポイントを紹介します。

【定期的にトイレに誘う】

おしっこしたい気持ちがあっても子供からはなかなか言ってくれないので、ママからトイレに誘うようにしましょう。おしっこの間隔が分かるのであればその間隔に合わせて「そろそろかな?」と思ったら誘ってあげましょう。 間隔が分からないのであれば2時間おきを目安にするのもいいです。
この時にママの気まぐれで誘ったり誘わなかったりするのはオススメできませんので注意してください。

【補助便座に座らせてあげる】

プレおむつはずれでおまるなどに座らせていたママはその延長でトイレに補助便座を設置して本格的に座らせていきましょう。


→amazonで購入する

この時、便座に座った感じを怖がってしまう子もいるので「大丈夫だよー」と声をかけてあげましょう。
おしっこ・うんちが出なくても、ペーパーで拭いて、水を流してと一連の流れを子供自身にさせてあげるのがいいですね。

【出ても出なくても褒めちぎる】

補助便座でのおしっこ・うんちの練習の際は出ても出なくても子供をほめてあげましょう。
出なくても「頑張ったねー、出来なくても頑張ったから偉いねー」などと出そうとした事を褒めてあげましょう。
出た時は「凄いねートイレでおしっこ出来たねー嬉しいねー」など盛大に褒めてあげるのがいいです。子供はママに褒められる事がとてもうれしいので『トイレが出来るとママが褒めてくれる』と分かり、少しずつ出来るようになります。褒められると自然とトイレを嫌がらなくなるので「次も一緒に頑張ろうね」と声をかけてあげるのがいいでしょう。

【出来なくてもイライラしない】

おむつをはずれの時期はちょうどイヤイヤ期と重なる事が多いので、なかなかスムーズに進まないトイレトレーニングにイライラするママも少なくありません、しかし、おむつはずれは子供の心と体に合わせて親がサポートして成り立つものです。ママが焦ってはずしたいと思ってもはずれませんし、逆にママが助けてあげないともちろんはずすことはません。
トイレが上手に出来なくても怒るのではなく、助けてあげてください。段々成長する子供の心と、ママのサポートがおむつはずれを成功に導きます。
「いつか出来るようになる」
そう信じて、進めていくことがママにも子供にもノンストレスなトイレトレーニングになるでしょう。

トイレトレーニングには環境も大事?

トイレトレーニングをする際に、子供がトイレに行きたくなるような環境を作ってあげる事も大事で、成功への道です。
トイレを全体的に明るくしたり、子供の好きなキャラクターで飾ってみたり、「トイレは楽しい所」と子供に思わせることで子供がトイレに行くことを嫌がらなくなってきます。
また、トイレが出来た時にごほうびシールが貼れるシール台紙や手作りのトイレカレンダーなんかを使うのもオススメですね。


→amazonで購入する

最近は携帯アプリでもトイレトレーニングをサポートしてくれるものも出ています。

おすすめアプリ

動物キャラクターが一緒にトイレしてくれる動画や、トイレアニメもあって、上手にできた時は「できたスタンプ」出来なかった時は「できなかったスタンプ」が押せる機能もついてます。
「できたスタンプ」を子供と一緒に押したり、手軽に楽しめていいと思います。
このように、トイレの環境作りは子供が喜ぶように工夫してみましょう。しかし、喜びすぎて子供がトイレで遊ぶようになったらNGです。トイレは遊び場ではないのでやり過ぎには注意しましょう。

あと、トイレトレーニングを始める季節環境としてオススメはやはり春~夏にかけての暖かい季節です、冬はおしっこがたまりやすいのでおむつはずれを始めるタイミングとしては悪くないのですが、やはり失敗した時などのことを考えると春・夏は子供の体も冷えや風邪の心配もありませんし、洗濯物も乾きやすいのでいいと思います。

トイレトレーニング成功のサイン?

トイレトレーニングをしていてそろそろゴールが近づいているかな?というサインは・・・

◎自分から「おしっこ・うんち」が言えるようになる。

ママがトイレに誘わなくても「おしっこしたい」「うんち出るよ」など伝えられるようになります。
おしっこ・うんち、どちらか一方だけでも自分から言えるようになってくると、のちのちどちらも自分から言えるようになってきます。

◎日中のおしっこはトイレで出来るようになる。

トイレがしたくなってもトイレまできちんと我慢できたり、トイレに着くまでおもらししなくなったりということが出来るようになります。
外出の時はおむつのでも構わないので、家に居る日の日中はおしっこもうんちもトイレで出来るようになったらトイレトレーニング完了のサインでしょう。

おむつがはずれるのに時間がかからなくても、たくさんかかっても、子供が一人でトイレまで行き、おしっこ・うんちが出来るようになるという事はとても素晴らしい事だと思います。
おむつはずれは子供とママの努力の結晶です♪
なので、トイレトレーニングが成功した際には子供を「頑張ったね」と思いっきり抱きしめてあげてください。
トイレトレーニングそして二人で成功を喜び合いましょう。

著者プロフィール

田山聡子
・2歳と0歳の男の子を育児中
・子育てのモットーは
「子供たちに生まれてきてくれた感謝気持ちを毎日伝える」こと♪

みんなの意見・感想を聞かせて!

子育てエッセイのトップへ