ラプンツェル (動く絵本/世界の童話)

保護者の方へ

塔に閉じ込められた髪の毛の長い女の子のお話。
ある日、王子様が通りがかりました。

ディズニー映画でもおなじみのお話だね。
親子で楽しくお話を楽しみましょう。

本文

むかしむかしの おはなしです。
こどもの いない ふうふに あかちゃんが できました。

おくさんは きゅうに となりの にわの あおあおと しげった やさい――ラプンツェルが たべたくなりました。
だんなさんは かきねを こえて とりに いきました。

「どろぼうめ」
おそろしい まじょが あらわれました。
「ぬすんだ かわりに、あかんぼうを もらっていくよ」

まじょは うまれた ばかりの おんなのこに ラプンツェルと なまえを つけ、 たかい とうへ とじこめました。

やがて ラプンツェルは きれいな むすめに なりました。
とうの くらしは さみしくて、うたを うたって すごしました。

あるひ、おうじさまが とおりかかりました。
「なんて きれいな こえだろう。あってみたい」
しかし、はしごが なくて のぼれません。

むこうから まじょが やってきました。
「ラプンツェルや、かみを さげておくれ」
すると まどから おうごんの ながい みつあみが おりてきました。
まじょは それを つかんで のぼっていきます。

「まねして みよう」
おうじさまは まじょが かえってから、ラプンツェルに あいに いきました。
おうじさまと ラプンツェルは ひとめで こいに おちました。
「いっしょに にげよう」
おうじさまが いいました。

ラプンツェルは おうじさまから もらった きぬいとで はしごを あむことに しました。

ところが、まじょに しられてしまいました。
「ゆるさないよ」
まじょは ラプンツェルの かみを じょきんと きって、はしごと いっしょに まどから すてました。
もう おうじさまとは あえません。

「そんなの いや」
ラプンツェルは ゆうきを だして まどから とびおりました。

ふしぎなことに やさしい かぜが ふき、けが ひとつなく じめんに おりられました。

ラプンツェルは おうじさまと けっこんし、しあわせに くらしました。
まじょは たかい とうから でられなくなった そうです。

YouTubeで見る

作った人

イラスト:ささきまゆ
文章:東方明珠
朗読:川本知枝
原作:グリム童話

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ