離乳食について

いつ始めるの?離乳食について学びましょう

赤ちゃんがある程度成長してくると始めることの一つに離乳食があります。

離乳食とは赤ちゃんが大人と同じ食べ物を口にできるようになるために練習として食べる食事の事で、約1年かけて行います。離乳食は体だけではなく、心も成長させてくれるとても大事なものですので、きちんとしてあげたいですね。

始める時期はいつ頃?

離乳食を始める時期は個人差があります、多くのママは赤ちゃんが産まれてから5~6カ月経った頃を目安に始めているようです。初めてOKのサインは

【首が座り、お座りが短時間でも出来る】
【食べ物に興味を示す】
【生活リズム(お昼寝・授乳回数など)が整っている】
【スプーンを嫌がらない】

などなど・・・。

指しゃぶりが増えたり、よだれが多くなってくるのもサインの一つです。5カ月の頃にサインが見られなくても焦る必要はありません、始めるタイミングはいつも一緒に居るママが判断しやすいでしょうから、ママが赤ちゃんの様子を見ながら始めてもいいかな?と思った時に始めるのが一番いいでしょう。始める日は赤ちゃんの体調や機嫌がいい日を選んであげましょう。

離乳食は何をあげるの?時間は?

赤ちゃんは今までおっぱいやミルクしか口にしたことがありませんので最初は体に負担がなく、消化がいいものを食べさせてあげましょう。初めに食べられるものは

●おかゆやさつまいもなどの炭水化物。
●アクの少ない、カボチャや人参の野菜のペースト。
●豆腐や白身魚などのタンパク質。

などです、始めはスプーン1匙から始めて、徐々に量や種類を増やして与えていくのがいいでしょう、その時大事なのは食材には味をつけないということ、食材そのものの味を覚えさせる必要がありますし、赤ちゃんは調味料を使わなくても素材の味を楽しめる味覚を持っています。

あげる時間は、いつもの授乳タイムのうち一回を離乳食にシフトチェンジしましょう、できれば朝の授乳タイムがオススメです、なぜなら、離乳食で口にしたものが赤ちゃんの体に合わない(食物アレルギーなど)場合にすぐに病院で診てもらえる時間帯だからです、初めて与える食材が多い離乳食の初期は午前中に与える事を習慣にしておくと何かあった時の対応がスムーズです。

始めの一カ月は一日一回、一カ月経った頃に様子を見て、問題なければ二回食へと進めます。

このように進めていくのですが、どのようにステップアップさせてあげればいいのでしょうか?

離乳食はどうやって進めるの?

離乳食は赤ちゃんの成長に合わせてどんどんステップアップしていきます。大体大きく4つのステップがあるので説明していきますね。

★ゴックン期5~6カ月ごろ

これは先ほど説明した離乳食を始めた時期の事です。このころの食材はとろとろのペースト状の物を少量ずつ与えていきます。まだまだ主食はおっぱい・ミルクです。

★モグモグ期7~8カ月ごろ

上手にゴックンが出来るようになったら次はモグモグの練習です、

【お座りが安定している】
【一日二回食が定着している】
【自分から口を開ける】

などの様子がみられたらペースト状のものから粒状の食べ物にチェンジし食べさせる食材も増やしていきましょう、ささみ・レバー・かつおなど食べられるタンパク質の種類が増えるのが特徴です。またこの時期から卵の黄身は与える事ができます、しっかり加熱して与えるようにしてください、白身はまだ食べられないので必ず黄身だけにしてください。卵はアレルギーを引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

★カミカミ期9~11カ月ごろ

この時期に入ると離乳食が一日三回になり栄養分の半分を離乳食から摂取するようになります。

【目の前の食べ物に手を伸ばす】
【モグモグが上手に出来る】
【食べ物を噛もうとして口が左右に動く】

など、バナナくらいのかたさの食べ物をつぶしてモグモグ食べられるようになったらOKです。刺激物や噛みきれない物・生もの以外ならほとんどの肉・魚・野菜が食べられるようになります、アレルギーが心配な卵の白身や魚類は少量ずつなら与えてOKです、人参のスティックなども食べられるようになる時期です、一日三回、家族と同じタイミングで食事を取るのが理想的です、食材が増えて、ママも離乳食のバリエーションも増えますが、作る回数も増えますので、メニューが偏らないように注意しましょう。調味料も少しずつ使えるようになるので上手に使いましょう。

★パクパク期1歳~1歳半ごろ

栄養の90%は離乳食でとるようになります、中には卒乳する子も出てきて、全ての栄養を離乳食でとるようにもなります。

【手掴み食べが上手になる】
【唇を上手に動かして食べる】
【一日三回食のリズムが整っている】

など、食事らしい食事ができるようになる時期です、この頃になるとほぼ大人と同じ食材を食べられるようになっていて1歳を過ぎれば加熱していない牛乳も与えられるようになります、刺激物以外の食べ物や調味料は与えてもいいですが、赤ちゃんの味覚を守るために、薄味の味付けを心掛けるようにしましょう。また、歯ごたえのあるメニューを増やしてみたり、手掴み食べの練習をたくさんするのがオススメです。

2歳近くなるとなんでも食べるようになり、スプーン・フォークなども上達し、自分の意思で食べたい物を食べるようになります、大人と同じものを食べても大丈夫なようになり、離乳食が完了していくのです。

離乳食を食べてくれない時はどうしたらいいの?

離乳食を進めていく期間で、赤ちゃんが中だるみをして、離乳食を食べてくれなくなる場合があります、そういう時は上手く対処するのが上手に進めるコツです。

【味を変えてみる・付けてみる】

同じ食材を食べていると赤ちゃんは途中で飽きて食べなくなるのはよくあります、そんな時は少し味を変えるといいです、元々、無味であげているのであれば、ダシや野菜スープなどで風味を変えてみたり、ダシの味に飽きているのであれば、味噌や醤油(与えていい時期に限る)を少量加えるなど、味の変化で食欲を復活させてあげてください。

【好きな物に混ぜてあげる】

赤ちゃんにも好きな物・嫌いな物があります。離乳食を進める過程で好き嫌いを把握して、嫌いな物を好きな物と一緒に食べさせてみましょう、嫌いな物だけで与えるよりはいくらか食べてくれるようになります。

【見た目を変えてみる】

見た目でも楽しい食事に変えてみると子供は興味をもって食べてくれるようになります。
型抜きでパンをくりぬいてみたり、カラフルな盛り付けにしてみるなど、子供が楽しくなる工夫をしてみるのもいいですね。

【時間が経つのを待つ】

離乳食の始めの頃は食感が苦手・飲みこみにくい・味が嫌いなどの理由で食べなかった食材も成長と共に自然と食べられるようになったり、苦手じゃなったりします。なので最初食べてくれなかった食材は無理して食べさせず、離乳食が進む過程で再トライしながら与えるのもいいでしょう。案外、「あれ?これ嫌いだったのに食べてる」というパターンもあります。

離乳食で大切な事

このようにして離乳食は進んでいき、最後にはパパ・ママと同じ食べ物を食べられるようになります、最初はとろとろのおかゆを1匙しか食べられなかったのに、不思議ですよね。
赤ちゃんはそれぞれ体つきも成長のスピードも個人差があって、みんながみんなスムーズに離乳食が進むわけではありません、アレルギーを持っている子や歯がなかなか生えずカミカミできない子、小食な子や飲み込む事が苦手な子。本当にそれぞれです。

ママにとって、「離乳食をスムーズに進めたいのに進まない」なんて事が起きるかもしれません、しかし決して焦る事はありません。

その子にはその子に合った進め方をしてあげればいいのです、食は一生付き合っていくもの、離乳食はその第一歩でとても大切です、ですので、無理して進めてもいい事はありません、上手に食べられなくても進みが遅くていいので、食べる事は楽しい事、幸せな事というのを教えてあげてください。

暖かい・楽しい雰囲気で食べる事を優先することが、赤ちゃんの自分で食べようという意欲へとつながるのではないかと思います。

ママも食事をあげる時はニコニコと笑顔を心がけましょうね。

著者プロフィール

田山聡子
・2歳と0歳の男の子を育児中
・子育てのモットーは
「子供たちに生まれてきてくれた感謝気持ちを毎日伝える」こと♪

みんなの意見・感想を聞かせて!

子育てエッセイのトップへ