「お食い初め」の写真

「お食い初め」一生に一度の大切な赤ちゃんのイベント

赤ちゃんが生まれて3カ月ほど経つと「お食い初め」をします、赤ちゃんにとってはお宮参りの次にする大事なイベントです。
お宮参りはお祝い事ではないので、お食い初めが生まれて初めてのお祝い事になりますね。
今回はそんなお食い初めについてお話していきましょう。

お食い初めってなに?

お食い初めとは子供が「一生食べ物に困りませんように。」という願いをこめて行う、日本伝統の儀式です。

いつするの?

お食い初めは赤ちゃんが生まれてから100日目に行うとされています。これは各地方によって微妙に違う場合はありますが、一般的には100日目です。
100日ピッタリに行うのが厳しい場合はもちろん別の日でも構いません、お食い初めはお祝い事なので、赤ちゃんのママ・パパだけではなく、おじいちゃん・おばあちゃんたちにも参加してもらって一緒にお祝いするのがいいでしょう。100日近辺でみんなが集まることが可能な日を話し合って、盛大にお祝いしてあげるといいですね。

どんなことするの?

お食い初めはお祝い御膳を用意して、食べ物を順に赤ちゃんの口に運び、食べるフリをします。唇に食べ物を当てる程度で、本当に食べさせることはしません。
離乳食が始まるまで赤ちゃんはおっぱい・ミルクだけしか口にはできませんので。
汁ものを口に含ませる場合もあるみたいですが、赤ちぁんの体は未発達な部分もあるのでやめておいた方が無難でしょう。

お食い初めの御膳ってどんなもの?

お食い初めの御膳は基本的に「一汁三菜」そしてめでたい魚の「鯛」を用意するといいとされています。
献立としては
【鯛の姿焼き(尾頭つき)】
【すまし汁】
【煮物】
【香物】
【赤飯または白飯】

大体このような感じです。これも地方によって違いがあるので、そこは必ず確認してから決めるようにしてください。
このお祝い御膳は漆器に盛るといいとされています。
しかし最近は漆器にこだわらないご家庭も多いようです。漆器は結構いいお値段がします。それに加えて、お食い初め以降この器の出番はほぼありません。なので器にはこだわらなくてもいいのでは?と個人的にも思います。が!しかし!お食い初めは伝統的な儀式ですので、正式に行いたいという方は用意することをオススメします。

お食い初めはどこでする?

場所は特別決まってはいません。
自宅・実家・料亭など、料理が用意出来て、みんなが集まれる場所ならどこでも構いません。
最近は料亭などでお食い初めをお祝いできるお店が増えてきていて、そこで行う方も多いようです、その場合、御膳はお店が作ってくれますし、食器もお店の器で出てくるのがほとんどです。ママは少し楽ができるので、そういった所で人気があるようです、しかし慣れない外食で赤ちゃんがぐずった時は少し大変かもしれないですね。
それに比べると、自宅や実家だと赤ちゃんはリラックスできますし、どんな状況になっても対処がすぐできるのがいい所だと思います。儀式がスムーズにいくように料理の準備もきちんとしておけば問題はありませんし、作るのが大変な場合は仕出しなどで御膳を頼むのも一つの手です。

具体的なやり方はどんな感じ?

お食い初めをやる際はその場に居る親族の中で一番長寿の方が赤ちゃんに食べ物を食べさせてあげるのが一般的です。(地方によって違いあり)
長寿の方があげることによって「長生きできますように」という意味も込められているようです。
食べさせる順番は次の通りです。
ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→煮物→ご飯→香物→ご飯→汁物×3
見て分かっていただけるように何を食べさせるにしてもご飯を経由しています。
この食べさせ方も地方や古くからの決まりなどでやり方が微妙に違ってくるので、不安な場合は祖父母に確認を取ってやりましょう。
あくまでも「食べさせるフリ」でお願いしますね!

知っていますか?お食い初めで使う意外なアイテム

お食い初めの際に「歯固め石」という小石を使う地域もあります。
これは赤ちゃんに「石の様な丈夫な歯が生えますように」という祈りを込めて、箸の先端を小石に当てて、その箸を赤ちゃんの口に触れさせます。
この小石は売っている物ではないので、自分で用意します。
自宅から一番近い神社に落ちている小石を拾って「歯固め石」としてお食い初めで使います。赤ちゃんの口に触れるので軽く洗うか・拭いておくのがいいでしょう。儀式の最初に行う場合が多いです。
そして使った小石は拾ってきた神社に返すのが理想的ですが、記念に保管しておいても問題はないでしょう。

小石の他に、「梅干し」を歯固め石のように赤ちゃんの口に触れさせるという地域もあるようです。
こちらは梅干しを食べた際に顔に出来るシワに見立てて、「シワがたくさん出来るくらい長生きできますように」という祈りがこもっているそうです。
どちらも意味を聞けば「なるほど!」と納得です、可愛い我が子にもやってあげたくなりますね。

お食い初めの大切さ

お食い初めについてお話ししてきましたが、読んでもらって分かるように赤ちゃんのお祝い事の中でもお食い初めには色々な意味と願いが込められている儀式です。
実際のお食い初めは、赤ちゃんが初めての事に戸惑うような反応や、表情の変化が可愛く、面白くて、その場にいるみんながついつい笑顔になっちゃうような、そんな楽しい儀式です。一生に一度の大切なイベントですので、是非みんなでお祝いしてあげてください。

著者プロフィール

田山聡子
・2歳と0歳の男の子を育児中
・子育てのモットーは
「子供たちに生まれてきてくれた感謝気持ちを毎日伝える」こと♪

みんなの意見・感想を聞かせて!

子育てエッセイのトップへ