赤ずきん(童話昔話)

保護者の方へ

みんな知ってる有名なグリム童話「赤ずきん」の動く絵本です。
かわいい子供の声で、朗読するよ。
病気のおばあさんのお見舞いに出かけた赤ずきんの前に、わるいオオカミが話しかけます…。
親子で一緒に楽しく読んでくださいね。

本文

むかし むかーし。
あかずきんは おばあさんの おみまいに いきました。

わるい おおかみが やってきました。
「おはなを つんで いったら?」
「いいわね」

あかずきんは よりみちを しました。
そのあいだに おおかみは おばあさんを たべて しまいました。

おおかみは おばあさんの ふりを して まって いました。
あかずきんは ふしぎに おもって ききました。

「おばあちゃんの おみみ どうして そんなに おおきいの?」
「おまえの こえを きくためさ」
「どうして おめめが そんなに おおきいの?」
「かわいい かおを みるためさ」
「どうして おくちが おおきいの?」
「それはね……、おまえを たべるためさ!」

ぱくり。
おおかみは あかずきんを ひとくちで のみこみました。
そして、いねむりを はじめました。

りょうしが とおりかかりました。
「たいへんだ。だれかが おおかみに たべられた」
りょうしは はさみで おおかみの おなかを きりました。
ぴょこん。
ぴょこん。
おばあさんと あかずきんが でてきました。

「もう よりみちは しないわ」
あかずきんは おばあさんと やくそく しました。
めでたし めでたし。

YouTubeで見る

作った人

イラスト:さとうゆか
文章:東方明珠
朗読:Miu

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ