小人のクツ屋(こびとのくつや) 昔話 動く絵本/世界の童話

保護者の方へ

グリム童話、小人のクツ屋(こびとのくつや)の動く絵本です。
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
あるところに びんぼうな くつやが いました。
あと いっそくぶんしか かわが ありません。
「さいごの くつは あした つくろう」
あしの かたちに かわを きり ふとんに はいりました。

よくあさ
いつのまにか すてきな くつが できています。
「だれが つくったんだろう」
くつやは びっくり しました。

くつは すぐに うれました。
その おかねで にそくぶんの かわが かえました。
くつやは あすの じゅんびを してから ねむりました。

つぎのひ
にそくの くつが できていました。
こんかいも あっというまに うりきれ。
おなじことが なんども おこり
くつやは おかねもちに なりました。

あるばん くつやの ふうふは へやを のぞいてみました。
すると、はだかの こびとが ふたり あらわれました。
「こんやも たのしい くつづくり」
「ちくちく とんとん ちく とんとん」
くつを つくっていたのは こびと だったのです。

ふうふは おれいを したいと おもいました。
「かわいい ふくを ぬって あげましょう」
おかみさんが いいました。
「くつも つくって あげなくちゃ」
くつやは こびとの くつを つくりました。

つぎのよるも こびとは やってきました。
すてきな ふくと くつを みつけて おおよろこびです。
「ぼくたちのだ」
「すごいや」
ぴょん ぴょん はねて うたいだしました。
それを みた ふうふは しあわせな きもちに なりました。

YouTubeで見る

作った人

・ナレーション:結城ハイネ
・文章:東方明珠

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ