オオカミと七匹のこやぎ(昔話 動く絵本/世界の童話)

保護者の方へ

童話「オオカミと七匹のこやぎ」の動く絵本(朗読)です。
ずる賢いオオカミをこらしめよう!
かわいい子ヤギと頼りになるお母さんヤギのお話しです。
親子で一緒に楽しもう!

本文

むかしむかしの おはなしです。
きょうは おかあさん やぎが おでかけの ひ。
しちひきの こやぎは おるすばんです。

おおかみが やってきて どあを たたきました。
とんとん。
「ただいま、おかあさんですよ」
こやぎたちは いいました。
「ちがうよ」
「おかあさんは きれいな こえだもの」

「ようし」
おおかみは むらで のどのくすりを かいました。
「ごっくん。これで きれいな こえに なった」

とんとん。
「おかあさんですよ、あけておくれ」
こやぎたちは こたえました。
「ちがうよ」
「おかあさんの あしは しろいもの」
どあの まどから くろい あしが みえていたのです。

おおかみは こなやで あしに しろい こなを かけました。
とんとん。
「おかあさんですよ」
「おかえりなさい」
こやぎたちは おおよろこびで どあを あけました。

そこには こわい おおかみが たって いました。
「たべてやる」
いっぴき にひき さんびき……、
つぎつぎと のみこまれて いきました。

おかあさんが かえってきました。
いえのなかは ぐちゃぐちゃです。
「こわかったよ」
とけいの なかから いちばん ちいさな こやぎだけが でてきました。

おかあさんと こやぎは おおかみを さがしに いきました。
おおかみは ふとった おなかを かかえて ひるねを していました。
「なかで うごいているわ。すぐに たすけましょう」
おかあさんは はさみで おなかを じょきじょき きりました。

すると、こやぎたちが げんきに とびだして きました。
「おなかに いしころを つめるのよ」
そうして はりと いとで ぬいあわせて おきました。

めを さました おおかみは、よろよろと いどへ むかいました。
「おなかが おもいぞ。おっとっと」
どぼーん。
いどに おっこちて しまいましたとさ。

YouTubeで見る

作った人

・イラスト/アニメ:夢山イラスト
・文章:東方明珠
・原作:グリム童話
・朗読:川本知枝
・BGM:youtube audiolibrary
AudionautixのWalk In The Parkは、クリエイティブコモンズ(BY)でライセンス付与されています。
http://audionautix.com/

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ