うさぎさんとかたつむりくん(日本昔話 動く絵本)

保護者の方へ

ゆめあるオリジナル昔話。「うさぎさんとかたつむりくん」の動く絵本です。
カメさんに競争で負けたウサギさん。
次の相手は、なんと「カタツムリ」くん!
はたしてどうなったでしょうか?

本文

 そのむかし かめさんとのかけくらべに まけてしまった うさぎさん。
うさぎさんは くやしくて しかたありません。
どうにかして かけくらべにかち ぴょんぴょんあしを みんなにじまんしたいのです。
(そうだ かめさんよりも もっとおそい あいてと きょうそうすればいいんだ)
かめさんより おそいのは…そうだ かたつむりくん。

  うさぎさんは かたつむりくんを さがしだし いじわるをいいました。
「のろまなかたつむりくん ぼくが ぴょんと ひとはねしたら きみがいちにちで うごいたぶんを いっぺんで こえちゃうね」と おおわらい。
いつも おとなしい かたつむりくんも これには おかんむり。
「わかりました うさぎさん それなら このさかみちで きょうそうをしましょう」

 「ようい どん」
うさぎさんは ぴょんぴょん さかみちを はしっていきます。
でも かたつむりくんは ゆっくりゆっくりでしか すすめません。

そんなときです。
いままで はれていた おそらに もくもく あまぐもが。
あっというまに おおあめで ぬれたさかみちは つるつるぬるぬる。

 うさぎさんは おもわず あしをすべらせ すってんころり。
かたつむりさんよりも はるかうしろまで つるつる すべりおちてしまいました。

「しまった」
それから なんど ぴょんぴょんはねても またまた すってんころり。
かたつむりくんは ぬるぬるみちを すいすい すすんでいきます。

 「どうです うさぎさん ぼくのかちですね」
またまた まけてしまったうさぎさんは それからというもの あめがだいきらいに なったそうです。

YouTubeで見る

作った人

・文章:一路(お話投稿コンテスト)
・朗読:萩原みやこ
・イラスト:のびこ
・BGM:youtube audiolibrary
Kevin MacLeodのBaltic_Levity_Thatched_Villagersは、クリエイティブコモンズ(BY)でライセンス付与されています。

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ