十二支のはじまり(じゅうにしのはじまり) 日本の昔話

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、十二支のはじまり(じゅうにしのはじまり)の動く絵本です。
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
かみさまが どうぶつたちに いいました。
「しょうがつの あさ わしの いえへ きたもの から
 じゅうにの としを やろう」

「ぼくは あしが おそいから」
うしは ほしが きらきら かがやく じかんに しゅっぱつ しました。
ねずみが こっそりと うしの あたまに かくれました。
かみさまの いえに ついた しゅんかん、
「おいらが いちばん」
ねずみは ぴょんと とびおりました。
うしは にばんに なりました。

とらと うさぎは ひのでと ともに はしりだしました。
とらは さんばん、うさぎは よんばんです。
「うしに まけたのが くやしい」
とらは うしを みると かみつくように なりました。

たつと へびが つきました。
「おさきに どうぞ」
へびが ゆずったので、たつが ごばん、へびが ろくばんに なりました。

うまは みちくさを くいすぎて ななばんめ、
ひつじは みちに まよって はちばんめ でした。

さると いぬは はしりながら おおげんか。
「こけー、けんかは やめなさい」
にわとりが あいだに はいりました。
そこで さる、にわとり、いぬの じゅんばんに なりました。
さいごに いのししが ついて、じゅうにしが きまりました。

いちがつ ふつかの あさ、ねこが やってきました。
かみさまは あきれて いいました。
「かけっこは きのうだぞ。かおを あらって でなおしてこい」
ねこは びっくり。
「ねずみに だまされた にゃあ」
ねずみが うそを おしえたのでした。

それからというもの ねこは しょっちゅう かおを あらい
ねずみを おいかけるように なりました。

YouTubeで見る

作った人

・文章:東方明珠
・朗読:得本綾
・イラスト/アニメ:夢山イラスト

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ