さんまいのおふだ 日本の昔話

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、さんまいのおふだの動く絵本です。
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
おしょうさんが こぞうさんに さんまいの おふだを くれました。
こぞうさんは やまへ くりひろいに いきました。

いつのまにか あたりは まっくらです。
きれいな おんなの ひとが あらわれました。
「わがやへ おとまりください」
こぞうさんは ついていきました。

ざり ざり ざり。
ふしぎな おとに めが さめました。
みると、やまんばが ほうちょうを といでいます。
「うまそうな こぞうを くってやろう」
「にげなくちゃ」

ところが……、
「みーたーな」
おびで ぐるぐるまきに されてしまいました。
「おしっこ いきたい」

こぞうさんは べんじょへ いきました。
おびを はしらに しばりつけ おふだを はさみました。
「おいらの かわりに へんじしろ」
そして まどから にげました。

「こぞう、でたか」
「まだ」
おふだが こたえます。
しかし、すぐに きづかれて しまいました。

「まてー!」
やまんばが おいかけてきます。
こぞうさんは にまいめの おふだを なげました。
「おおきな かわよ でろ」

「こんなもの ひとのみだよ」
やまんばは みずを ぐびぐび のみほしました。

とうとう さいごの おふだです。
「ひの うみよ でろ」

「こんなもの ひとふきだよ」
やまんばは あっというまに ひを ふきけしました。

ようやく おてらに つきました。
「おしょうさん たすけて」
「そこに かくれて おれ」
おしょうさんは おもちを やきはじめました。

「こぞうを だせ」
やまんばが さけびました。
「それなら まめに ばけて みせてくれ」
「おやすい ごようさ」

やまんばの からだは みるみる ちいさく なりました。
「うまそうな まめじゃ」

おしょうさんは まめを もちに くるみました。
そうして、ぱくりと たべて しまったのでした。

YouTubeで見る

作った人

・文章:東方明珠
・朗読:須田勝也

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ