かぐや姫(かぐやひめ)-日本の昔話

保護者の方へ

みんなが知っている、昔話、かぐや姫の動く絵本です。
竹から生まれた不思議な女の子。月の世界の人だったんだね。
かわいいイラストと共にお楽しみ下さい。

本文

むかしむかしの おはなしです。
あるところに、たけとりの おじいさんと おばあさんが いました。
「おや、ぴかぴか ひかっている たけが あるぞ」

おじいさんは たけを きってみました。
すると、なかには、ちいさな おんなのこが すわっていたのです。
「なんて かわいいこ でしょう」
おばあさんが、びっくりして さけびます。
「このこを つれてかえりましょう」

おんなのこは かぐやひめ となづけられました。
かぐやひめは すくすく そだち、
かがやくほど うつくしい むすめに なりました。

かぐやひめを ひとめみようと、たくさんの わかものが やってきました。
「ぼくと けっこんしてください」
「いやいや、ぜひ わたしの つまに」

なかでも ねっしんなのは、ごにんの きこうしでした。
すてきな おくりものを さしだします。
ふわふわした まっかな けがわ、
つるつるの おちゃわん、
きらきら かがやく しんじゅの き…。
どれも すばらしい ものでしたが、
「わたくしは だれとも けっこんしません」
かぐやひめは みむきも しませんでした。

それから、さんねんが たちました。
ぼんやりとした きいろの みかづきのよる、
かぐやひめが、つきを みて ないていました。

おじいさんは わけを たずねました。
「じつは、わたくしは、このよのものでは ありません。
つぎの まんげつの よる、つきに かえらなくては いけないのです」
かぐやひめは、なみだを ぽろぽろ こぼします。
「おわかれするのが とても かなしくて…」
おばあさんは かぐやひめを ぎゅっと だきしめました。
「そんなこと させませんよ」
「むらの みんなに たのんで、たすけてもらおう」

まんげつの よる、
かぐやひめの いえには むらじゅうのひとが あつまりました。
「かぐやひめを まもるんだ!」
そのときです。
そらから、きーんと するどい ひかりが さしてきました。
まぶしくて、だれも めをあけて いられません。

ひかりのなかから てんにょの こえが きこえました。
「かぐやひめ、おむかえに まいりました。
さあ、つきへ かえりましょう」
なんて やさしくて きれいな こえでしょう。
つきの せかいは、とても すばらしい ところに ちがいありません。
おじいさんと おばあさんは かなしくて しかたありませんでしたが、
かぐやひめを つきへ かえすことに しました。

「おじいさん、おばあさん、ありがとう。
ごおんは けっして わすれません」
かぐやひめは、ひかりにつつまれ、てんたかく のぼっていきました。


YouTubeで見る

作った人

・イラスト:良安
・文章:東方明珠
・朗読:川本知枝
・音楽:DOVA-SYNDROME

みんなの意見・感想を聞かせて!

動く絵本アプリはこちら!

動く絵本のトップへ